高寺八講

IMG 0247

 

5月4日、羽黒町高寺地区の雷電神社では春の例大祭が行われ、

豊作を祈願する一連の舞「高寺八講(たかでらはっこう)」が奉納されました。


【羽黒町観光協会】高寺八講


「八講」とは、かつて高寺八講が毎年5月8日に行われていたことから

8日の祭典「八日講」を略したという説、舞の演目がかつて「八番」まであったため

という説があります。

明治時代半ばまでは8番目までの舞が奉納されていましたが、

現在は「大小(だいしょう)舞」「薙刀(なぎなた)舞」

「花笠(はながさ)舞」「稚児(ちご)舞」の4番までが行われています。

 

高寺八講は昭和51年に、県の無形民俗文化財に指定されました


IMG 0176

 

舞う役者たちはその年に決められた当屋で祈祷を行い、

そこから一行は雷電神社へくねり。


20160504 2



20160504 3


参道入口大鳥居の前でまず薙刀舞が行われます。

これは鎮めの舞で、行列が無事に神殿に到着するために行われます。


20160504 04


石段を登ったら、山門前でふたたび薙刀舞。


20160504 5


そして、社殿において神事がとりおこなわれます。


20160504 6


神事がおわると、役者は神社前の楽殿に移ります。

いよいよ舞の奉納です。


20160504 7


20160504 8


まず1番目「大小舞」。

これは高寺と日光にしか伝わらないという貴重な舞です。

狩衣(かりぎぬ)姿の二人が白扇を持ち烏帽子を前にして飛び跳ねます。

舞の中で行われる、大地を踏み鳴らす反閇(へんばい)は邪気を払い除く意味があります。


20160504 9


2番目は「薙刀舞」。

差羽織(さばおり)に唐草模様の裁着袴(たっつけばかま)と脛巾(はばき)をつけ、

赤だすきと赤鉢巻き姿の二人が一人ずつ薙刀を振り力強く反閇しながら舞います。

これは山伏が伝えた舞で、番楽(ばんがく)と呼ばれます。


20160504 10


3番目は「花笠舞」。

6人による舞で3人は日の丸扇を、もう3人はササラを持ってリズミカルに舞います。

花笠の花は稲の花を表しています。華やかな田楽芸能です。


20160504 11


4番目は「稚児舞」。

黒の振袖に緑の水干を着て天冠をかぶった4人の男の子が木の鉾を持って

邪気払いの呪文めいた言葉を唱えながら舞います。

唱え事は「オーギテ、オギテェオンド」「オフオギレ、オギレエンド」という

不思議なものです。

高寺八講は室町末期ごろから始まった、たいへん歴史の古い行事ということもあり

このように一つ一つの意味や使われる言葉など、解明されていない事もいくつかあるようです。

 

かつて高寺地区には13の宿坊があり、羽黒山伏の人々が住んでいたといいます。

高寺八講の舞や装束は高寺地区と出羽三山の山岳信仰との深いつながりを、今に伝えています。

Facebookで紹介!
Twitterでつぶやく!
Google
このエントリーを含むはてなブックマーク
 
  • facebook
  • twitter
  • youtube

「羽黒町ブログ」アーカイブ

出羽三山神社
宮下坊
宮田坊
大進坊
休暇村 羽黒
月山ビジターセンター
やまぶし温泉ゆぽか
スタジオセディック庄内オープンセット
やまがた庄内観光サイト
鶴マップ
山形県鶴岡市観光連盟
食の都庄内
やまがたへの旅/山形県観光情報ポータルサイト
月山8合目 駐車場ライブカメラ(バナー)
酒田河川国道事務所
2012年4月までのブログはこちら
ページの先頭へもどる