7月21日 大進坊で「出羽三山精進料理を味わう会」開催しました!

120721 daishinbo 1

宿坊で精進料理を食べる企画第2弾!「大進坊で出羽三山精進料理を味わう会」を開きました!

120721 daishinbo 10

今回は鶴岡市だけでなく、村上や天童や山形市の遠方から、さらには日本に滞在しているイタリア人の学生さんにもお越しいただきました。夏の宿坊の神前は涼しげな風が流れ、窓の外には緑が輝いています。

さっそく出羽三山精進料理プロジェクトの土岐代表からご挨拶申し上げ..、

 

120721 daishinbo 2

大進坊の坊主・早坂真一さんのお話いただきました。この土地の生活感覚に根づいたじ~んと染み入るお話。雪国に暮らして見えてくるものが、この土地の食生活をとても豊かにしてるんだなぁと感じました。

 

120721 daishinbo 3

若女将・牧子さん。自ら話すことはなくても、食材や料理を見れば今回の準備がどれだけ容易でないかがわかるものです。精進料理って、表面にあらわれた料理の背景にほんとうに手間隙がかかっていて、それが味にちゃんと感じられる、不思議な料理なんですね。

 

120721 daishinbo 4

というわけで、いただきま~す!

 

120721 daishinbo 5

こちらは湊揚という一品で、多聞館の女将から若女将たちに伝えられたメニューです。テマヒマがかかるのでつくられなくなって久しいこの精進料理も、大進坊の牧子さんへしっかり継承されています。

 

120721 daishinbo 6

土地でドンゴイと呼ぶイタドリ。この触感は衝撃的でした。。この歯応えを何と表現したらよいでしょう。シナチクのように噛む喜びが湧いてくるのですが、シナチクよりもっと瑞々しい...聞けば何度も何度も塩漬けにすることでこの触感が出せるんだとか。料理ができるまでに流れる時間を感じました。

 

120721 daishinbo 7

そしてアオミズ。見慣れたおひたしに見えるこれは、極め付けの一品。とても深みのある味でした。春の野生の植物がもつ力強さが、そのポテンシャルの深いところから湧き上がってきたような、素晴らしい味。アオミズを茹でてからギュッと味を閉じ込めるまでの調理は、シンプルかつ奥深いです!

 

120721 daishinbo 11

そしてこの天、庄内産です。庄内ではそんなに多く入手できないというテングサを一週間かかって集めたとか。もちろん他の山菜はすべて月山の天然もの。料理もすべて手づくり。食材の獲得から調理まで、心込められてますね~!

 

120721 daishinbo 8

この栃餅も、じつに風味が豊か。栃の実を拾い、長期間水につけて灰汁を抜き、餅に練られるまでの風景が、口に入れた途端に広がる。風景の味を風味というなら、まさにそこには風味が漂っていました。

 

他にも紹介しきれないお品がありますが、どれも若女将さんの思いが伝わってくる、ほんとうに美味しい精進料理でした。宿坊・旅館ごとに料理の食材やつくりかた、味が違いが発見できて、大変興味深かったです。

 

宿坊に初めて上がった方も、精進料理を初めて召し上がった方も、よい夏の一時間を過ごしていただけたら幸いです。

120721 daishinbo 12

ごちそうさまでした!

 

Facebookで紹介!
Twitterでつぶやく!
Google
このエントリーを含むはてなブックマーク
 
  • facebook
  • twitter
  • youtube
出羽三山神社
宮下坊
宮田坊
大進坊
休暇村 羽黒
月山ビジターセンター
やまぶし温泉ゆぽか
スタジオセディック庄内オープンセット
やまがた庄内観光サイト
鶴マップ
山形県鶴岡市観光連盟
食の都庄内
やまがたへの旅/山形県観光情報ポータルサイト
月山8合目 駐車場ライブカメラ(バナー)
酒田河川国道事務所
2012年4月までのブログはこちら
ページの先頭へもどる