国宝 羽黒山五重塔ライトアップ

7月15日土曜日から「国宝 羽黒山五重塔ライトアップ(夜間参拝)」がスタートします!

 

佳作ライトアップの灯る頃板垣馨

 

・夜間参拝チラシ(PDF)


「国宝 羽黒山五重塔ライトアップ(夜間参拝)」

期間:7月15日から10月9日までの土日祝日(8月11日~15日は毎日)

時間:

7月・8月  午後6時から午後9時まで (受付終了 午後8時30分)

9月・10月 午後5時30分から午後8時30分まで (受付終了 午後8時)

場所:羽黒山五重塔

料金:1人300円~(夜間参拝協力金として)

 

「国宝 羽黒山五重塔ライトアップ オープニングセレモニー」

初日の7月15日土曜日にはオープニングセレモニーが開催されます。

日時:7月15日土曜日午後6時30分開式

場所:羽黒山随神門~五重塔(※雨天時はいでは文化記念館レクチャーホール)

午後6時     一般参拝者受付

午後6時30分 セレモニー

午後6時50分 山伏先導で入山・五重塔へ移動

午後7時05分 五重塔前で御祈祷

午後7時15分 二代目木田林秀栄氏による津軽三味線の奉納演奏

 

津軽三味線二代目 木田林秀栄 プロフィール

 

IMG 6795

 

・昭和53年 青森県五所川原市 初代 木田林秀栄師匠に弟子入り

・昭和55年 木田流名取を認められ、木田雄秀栄となる。

・昭和60年 NHK邦楽オーディションに合格。

 

・青森県弘前市にて

平成24年 第31回 津軽三味線全国大会A級部門入賞

平成25年 第32回 津軽三味線全国大会A級部門入賞

唄付け伴奏部門(津軽よされ節)銅賞

平成26年 第33回 津軽三味線世界大会A級部門入賞

平成27年 第34回 津軽三味線世界大会A級部門入賞

平成28年 第35回 津軽三味線世界大会団体Bグループ金賞(三位)

 

現在、津軽三絃秀栄会を主宰し、会主として多数の門下生に

木田流津軽三味線を指導育成しながら、各地の公演に出演している。

 

国宝羽黒山五重塔ライトアップイベント曲名

1.オリジナル曲「開」

2.木田流津軽じょんがら節曲弾き

3.オリジナル曲「蘭」他

 

皆さま、お誘いあわせの上ぜひご来山ください。

 

【お問い合わせ】

羽黒町観光協会(いでは文化記念館内)

〒997-0211 山形県鶴岡市羽黒町手向字院主南72番地

TEL:0235-62-4727

FAX:0235-62-4729

E-mail: このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています。アドレスを確認するにはJavaScriptを有効にしてください

Facebookで紹介!
Twitterでつぶやく!
Google
このエントリーを含むはてなブックマーク
 

第59回『奥の細道』羽黒山全国俳句大会の開催について

201705281423383722

 

俳聖「松尾芭蕉」が出羽三山を訪れ、多くの名句を残した元禄二年。

その「奥の細道」の聖地は、多くの俳人たちに愛され現在に受け継がれています。

そして昭和31年に高浜虚子翁の来山を機に、昭和34年から羽黒山全国俳句大会を開催してまいりました。

本年は、能村研三先生(「沖」主宰)と、黛まどか先生(俳人・北里大学客員教授)をお招きして開催いたします。

 

前夜句会

平成29年9月16日 土曜日

午後3時受付開始

会場:羽黒山斎館

 

本大会

平成29年9月17日 日曜日

午前8時30分受付開始

会場:いでは文化記念館

 

< 兼題の部 投句要項 >

兼題の部◆当季雑詠、未発表句2句1組(何組でも可)

選者◆能村研三(「沖」主宰)

黛まどか(俳人・北里大学客員教授)

阿部月山子(「春耕」同人)

三井量光(「人」同人)

石井野州子(「人」同人)

投句料◆1,000円(2句1組に付き)

締切◆平成29年8月10日 木曜日

投句先◆「奥の細道」羽黒山全国俳句大会実行委員会事務局

投句◆応募用紙に必要事項を記入の上、投句料を同封し郵送のこと

※類句・二重投句(他の俳句大会、結社誌、雑誌などに発表した句)については、

審査のうえ、入選を取消すことがあります。

★投句者全員に、入選作品集をお送りいたします。

 

< 本大会 投句要項 >

期日◆平成29年9月17日 日曜日 午前10時開会

場所◆いでは文化記念館

投句◆2句1組

会費◆2,000円(投句料・昼食)

受付◆午前8時30分

席題発表◆午前8時30分

選者◆能村研三(「沖」主宰)

黛まどか(俳人・北里大学客員教授)

阿部月山子(「春耕」同人)

三井量光(「人」同人)

石井野洲子(「人」同人)

 

< 前夜句会 投句要項 >

期日◆平成29年9月16日 土曜日

受付◆午後3時

投句締切◆午後4時30分

開会◆午後5時30分

場所◆羽黒山斎館

席題◆羽黒山嘱目吟2句

会費◆□宿泊の方  8,000円

(投句料・夕食・懇親会費・宿泊費等)

□日帰りの方 2,000円

(投句料・夕食・懇親会費等)

選者◆能村研三(「沖」主宰)

黛まどか(俳人・北里大学客員教授)

 

< 子どもの部 投句要項 >

投句締切◆平成29年7月19日 水曜日

投句料◆無料

題材◆身のまわりの物事で見たり聞いたりして自分が感じたこと、出羽三山、松尾芭蕉、奥の細道のことなどを

投句してください。

選者◆能村研三(「沖」主宰)

黛まどか(俳人・北里大学客員教授)

 

第59回『奥の細道』羽黒山全国俳句大会チラシ (PDF:1,167KB)

・投句用紙(申込み用紙) (PDF:261KB)

 

大会事務局・お問い合わせ

第五十九回『奥の細道』羽黒山全国俳句大会実行委員会事務局

郵便番号 997-0292

所在地 山形県鶴岡市羽黒町手向字手向7番地

電話 0235-62-2355

FAX 0235-62-2352

Facebookで紹介!
Twitterでつぶやく!
Google
このエントリーを含むはてなブックマーク
 

月山公園線開通日および月山情報

IMG 1113


県道211号月山公園線 6月23日午前10時開通

 

昨年10月24日より閉鎖中の県道211号月山公園線が、6月23日午前10時に開通します。

県道211号月山公園線は、月山ビジターセンターから月山八合目まで続く道路で、

約18キロあり、車で約40分かかります。月山八合目には約150台分の駐車場が

ございますが、7・8月の土日祝日は大変混雑するため、できる限り定期バスをご

利用ください。

 

月山開山祭の日程およびバスの運行日、

月山の休憩および宿泊施設のお問い合わせ先については

鶴岡市ホームページをご覧ください。

Facebookで紹介!
Twitterでつぶやく!
Google
このエントリーを含むはてなブックマーク
 

湯殿山参拝の交通手段について(シャトルバスの運行)

平成29年4月1日の庄内交通のバスダイヤ改正にともない

これまでの鶴岡駅~湯殿山の路線バスが廃止されました。

 

slide img09

 

代替手段として、今後は湯殿山開山期間(6月3日~10月29日)の土・日・祝日に限り

湯殿山~羽黒山(~鶴岡市街地)のシャトルバスが運行されます。

 

運行ダイヤと運賃の詳細は、庄内交通のホームページをご覧ください。

 

出羽三山参拝のお客様にはご不便をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。

 

Facebookで紹介!
Twitterでつぶやく!
Google
このエントリーを含むはてなブックマーク
 

羽黒山で行者気分!白装束の貸し出しがスタート

24845


羽黒山で行者気分に! 白装束の貸し出しがスタートしました

(やまがた庄内観光サイト)

 

庄内観光コンベンション協会では、羽黒山を訪れる観光客の皆様に

「白装束」を貸し出す企画をスタートしました。

 

初めての方も、お馴染みの方も、ぜひ「白装束」で

羽黒山を愉しんでいただきたいです。

皆様、どうぞ足をお運びくださいませ!

 

■期間:平成29年4月29日(土)~10月28日(土)の毎週土曜日のみ

 

■貸出:白装束・足袋

(初心者でも容易に着付けが可能ですので

ご安心くださいませ。)

 

■予約:3日前までに受付窓口にご予約願います。

 

■受付窓口:いでは文化記念館(羽黒町観光協会)9:00~16:30

電話:0235-62-4727

(火曜日休館、7.8月は無休)

 

■体験料:3,000円(白装束・足袋貸出料)

Facebookで紹介!
Twitterでつぶやく!
Google
このエントリーを含むはてなブックマーク
 

山伏修行体験塾受付開始

平成29年度 山伏修行体験塾の一般参加受付、本日からスタートです!

 

 滝打ち

 

毎年多くの方から参加をいただいている年に1回の山伏修行体験塾(一般募集)の

申し込み受け付けを開始します。

 

今年度は9月2日(土)~9月4日(月)まで2泊3日の日程で行います。

 

定員50名 定員になり次第締め切りとさせていただきます。

参加費用32,000円 (会場までの往復の交通費等は個人負担)

 

詳しい実施要項・申し込みを下記に添付しますのでご覧ください。

平成29年度山伏修行体験塾実施要項ダウンロード

Facebookで紹介!
Twitterでつぶやく!
Google
このエントリーを含むはてなブックマーク
 

「国宝羽黒山五重塔ライトアップ」開催!

今年もやります!「国宝羽黒山五重塔ライトアップ」開催日程が決定いたしました。

 

MX-M464FN 20170420 152612-1

「国宝羽黒山五重塔ライトアップ」チラシPDF


7月15日㊏~10月9日㊊の土日祝、限定32日間です。

皆さまお誘いあわせの上、ぜひどうぞ!

Facebookで紹介!
Twitterでつぶやく!
Google
このエントリーを含むはてなブックマーク
 

「日本遺産出羽三山公式サイト」が公開されました。

平成28年に日本遺産に認定された「出羽三山 生まれかわりの旅」を紹介する

「日本遺産 出羽三山公式サイト」が公開されました。

 

出羽三山は、山形県の中央にそびえる羽黒山(414m)・

月山(1,984m)・湯殿山(1,504m)の総称であり、

月山を主峰とし羽黒山と湯殿山が連なる優美な稜線を誇ります。

おおよそ1,400年前、崇峻天皇の御子の蜂子皇子が

開山したと言われる羽黒山は、羽黒修験道の行場であり中枢です。

修験道とは、自然信仰に仏教や密教が混じり生まれた日本独特の山岳信仰です。

羽黒修験道の極意は、羽黒山は現世の幸せを祈る山(現在)、

月山は死後の安楽と往生を祈る山(過去)、

湯殿山は生まれかわりを祈る山(未来)と見立てることで、

生きながら新たな魂として生まれかわることが

できるという巡礼は江戸時代に庶民の間で、

現在・過去・未来を巡る「生まれかわりの旅」

(羽黒修験道では「三関三渡の行」と言う)となって広がりました。

(「日本遺産出羽三山公式サイト」より抜粋

 

出羽三山の信仰の歴史や、生まれかわりの旅の主なルートなどが

わかりやすく紹介されています。

ぜひ、ご覧ください。

 

Facebookで紹介!
Twitterでつぶやく!
Google
このエントリーを含むはてなブックマーク
 


1 / 14 ページ
  • facebook
  • twitter
  • youtube

「お知らせ」アーカイブ

出羽三山神社
宮下坊
宮田坊
大進坊
休暇村 羽黒
月山ビジターセンター
やまぶし温泉ゆぽか
スタジオセディック庄内オープンセット
山形県鶴岡市観光連盟
食の都庄内
やまがたへの旅/山形県観光情報ポータルサイト
酒田河川国道事務所
2012年4月までのブログはこちら
ページの先頭へもどる