山伏修行体験塾受付開始

平成29年度 山伏修行体験塾の一般参加受付、本日からスタートです!

 

 滝打ち

 

毎年多くの方から参加をいただいている年に1回の山伏修行体験塾(一般募集)の

申し込み受け付けを開始します。

 

今年度は9月2日(土)~9月4日(月)まで2泊3日の日程で行います。

 

定員50名 定員になり次第締め切りとさせていただきます。

参加費用32,000円 (会場までの往復の交通費等は個人負担)

 

詳しい実施要項・申し込みを下記に添付しますのでご覧ください。

平成29年度山伏修行体験塾実施要項ダウンロード

Facebookで紹介!
Twitterでつぶやく!
Google
このエントリーを含むはてなブックマーク
 

「国宝羽黒山五重塔ライトアップ」開催!

今年もやります!「国宝羽黒山五重塔ライトアップ」開催日程が決定いたしました。

 

MX-M464FN 20170420 152612-1

「国宝羽黒山五重塔ライトアップ」チラシPDF


7月15日㊏~10月9日㊊の土日祝、限定32日間です。

皆さまお誘いあわせの上、ぜひどうぞ!

Facebookで紹介!
Twitterでつぶやく!
Google
このエントリーを含むはてなブックマーク
 

「日本遺産出羽三山公式サイト」が公開されました。

平成28年に日本遺産に認定された「出羽三山 生まれかわりの旅」を紹介する

「日本遺産 出羽三山公式サイト」が公開されました。

 

出羽三山は、山形県の中央にそびえる羽黒山(414m)・

月山(1,984m)・湯殿山(1,504m)の総称であり、

月山を主峰とし羽黒山と湯殿山が連なる優美な稜線を誇ります。

おおよそ1,400年前、崇峻天皇の御子の蜂子皇子が

開山したと言われる羽黒山は、羽黒修験道の行場であり中枢です。

修験道とは、自然信仰に仏教や密教が混じり生まれた日本独特の山岳信仰です。

羽黒修験道の極意は、羽黒山は現世の幸せを祈る山(現在)、

月山は死後の安楽と往生を祈る山(過去)、

湯殿山は生まれかわりを祈る山(未来)と見立てることで、

生きながら新たな魂として生まれかわることが

できるという巡礼は江戸時代に庶民の間で、

現在・過去・未来を巡る「生まれかわりの旅」

(羽黒修験道では「三関三渡の行」と言う)となって広がりました。

(「日本遺産出羽三山公式サイト」より抜粋

 

出羽三山の信仰の歴史や、生まれかわりの旅の主なルートなどが

わかりやすく紹介されています。

ぜひ、ご覧ください。

 

Facebookで紹介!
Twitterでつぶやく!
Google
このエントリーを含むはてなブックマーク
 

日本遺産「出羽三山『生まれかわりの旅』」観光案内板・文化財解説板が設置されました。

昨年日本遺産に認定された「出羽三山『生まれかわりの旅』」について

そのストーリーや構成文化財を記載した観光案内板・文化財解説板が設置されることになりました。

 

設置された看板の一部は、ご覧のような感じです。

 

img1

いでは文化記念館 正面。

 

img2

随神門付近。

 

img3

随神門 継子坂。

 

img4

手向地区 地域活動センター前。

 

IMG 3957

羽黒山正善院 黄金堂前。

 

羽黒を訪れた際は、ぜひ、チェックしてみてくださいね。

Facebookで紹介!
Twitterでつぶやく!
Google
このエントリーを含むはてなブックマーク
 

「松ヶ岡桜まつり2017」が開催されます

松ヶ岡桜まつりチラシ-1

・松ヶ岡桜まつり2017 チラシ (PDF:1,390KB)

 

桜の咲く国指定史跡松ヶ岡開墾場の大蚕室群のなか、

松ヶ岡桜まつりが4月21日から23日の3日間にわたって開催されます。

 

クラフト3days と 手仕事展、オーガニックマルシェ、

甲冑着付け体験など様々なイベント目白押しです!

 

IMG 0437

皆さまぜひ、ご来場ください。

 

「松ヶ岡桜まつり2017」

開催日:4月21日(金曜日)から23日(日曜日)

開催時間:午前10時から午後4時(雨天決行)

会場:国指定史跡 松ヶ岡開墾場(屋内、屋外)

主催:松ヶ岡桜まつり実行委員会

共催:鶴岡市・羽黒町観光協会

 

【各イベント日時】

・クラフト3days :21日から23日 10時から16時(くらふと松ヶ岡こうでらいね)

・手仕事展in松ヶ岡 :21日から23日 10時から16時(旧二番蚕室)

・羽黒高校吹奏楽部コンサート :22日(旧三番蚕室前特設会場) 13時頃(雨天時は旧二番蚕室)

・オーガニックマルシェ in 松ヶ岡 :23日 10時から16時(旧三番蚕室)

・甲冑着付け体験 :22日・23日 10時から15時(庄内映画村資料館)

・呈茶・着物着付け :22日・23日 11時から15時(松ヶ岡本陣)

・人力車運行 :22日・23日 11時から15時(松ヶ岡本陣 受付)

・シルクdeクラフト :21日から23日 10時から16時(旧二番蚕室)

・陶芸「小皿を作ろう」 :21日から23日 10時・14時(松岡窯陶芸教室 陶の蔵)

・食のブース :22日から23日 11時から16時(旧三番蚕室前)

・直売所ひょうたん(弁慶めし等販売) 22日から23日 10時から16時(直売所ひょうたん)

 

―お問い合わせ先―

松ヶ岡桜まつり実行委員会 実行委員会事務局(株式会社松ヶ岡産業内)

TEL: 0235-64-1331

Facebookで紹介!
Twitterでつぶやく!
Google
このエントリーを含むはてなブックマーク
 

長靴の無料貸し出し実施中

日に日に暖かくなってきましたが

羽黒山参道には現在、まだまだ雪が残っています。

 

羽黒山五重塔までは、随神門から石段を歩き

片道およそ300メートルの道のりです。

 

雪のない時期であれば片道15分ほどで

五重塔までたどり着くことができますが

現在は雪道のため若干滑りやすく、歩きにくくなっております。

 

foodpic7583008

 

羽黒山麓にある「いでは文化記念館」では

この時期、羽黒山を参拝される方に向けて

長靴の無料貸し出しをしております。

(※数・サイズには限りがあります。)

 

foodpic7583012

 

受付にて、どうぞお気軽にお声がけください。

Facebookで紹介!
Twitterでつぶやく!
Google
このエントリーを含むはてなブックマーク
 

【いでは文化記念館】職員用出入口の時間外施錠について

いでは文化記念館では防犯対策強化の観点から

開館時間外における職員用出入口の施錠を実施いたします。

 

御用のある方は、職員用出入口前に設置してある

インターホンにて呼び出しをしていただきますようお願いいたします。

 

【実施時期・時間帯等】

・実施時期   平成29年2月3日(金曜日)より

・施錠時間帯  ~午前9時30分/午後4時~ (12月~3月)

        ~午前9時/午後4時30分~ (4月~11月)

【開館時間】

・午前9時30分~午後4時00分(12月~3月)

・午前9時00分~午後4時30分(4月~11月)

※休館:毎週火曜日

 

IMG 003 

 

IMG 001

 

【お問い合わせ】

いでは文化記念館

〒997-0211 山形県鶴岡市羽黒町手向字院主南72番地

TEL:0235-62-4727

FAX:0235-62-4729

E-mail: このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています。アドレスを確認するにはJavaScriptを有効にしてください

Facebookで紹介!
Twitterでつぶやく!
Google
このエントリーを含むはてなブックマーク
 

羽黒庁舎産業課観光商工室 新庁舎への移転について

1月10日から、羽黒庁舎産業課観光商工室は新庁舎へ移転しました。

新しい連絡先はこちらでご確認ください。

 

これまで羽黒庁舎産業課観光商工室は

羽黒町観光協会と同施設(いでは文化記念館)内で活動してまいりましたが

羽黒新庁舎の開庁に伴い事務所移転となりました。

お問い合わせ先も変更になりましたので、ご確認よろしくお願いいたします。

 

課名・団体名 電話番号 主な業務内容・担当施設
羽黒庁舎産業課観光商工室 0235-62-2111

観光・商工業振興

日本遺産

・創造の森

・市営羽黒山スキー場

・月山ジオパーク

・やまぶし温泉ゆぽか

・月山レストハウス

羽黒町観光協会 0235-62-4727

観光・地域振興

観光ガイド手配

五重塔ライトアップ事業

自然公園保全整備促進協議会羽黒支部(自整協)

山伏修行体験塾

・いでは文化記念館

 

お問い合わせ内容に応じて、それぞれの施設にご連絡ください。

皆様にはお手数おかけいたしますが、何卒よろしくお願いいたします。

Facebookで紹介!
Twitterでつぶやく!
Google
このエントリーを含むはてなブックマーク
 


1 / 14 ページ
  • facebook
  • twitter
  • youtube

「お知らせ」アーカイブ

出羽三山神社
宮下坊
宮田坊
大進坊
休暇村 羽黒
月山ビジターセンター
やまぶし温泉ゆぽか
スタジオセディック庄内オープンセット
山形県鶴岡市観光連盟
食の都庄内
やまがたへの旅/山形県観光情報ポータルサイト
酒田河川国道事務所
2012年4月までのブログはこちら
ページの先頭へもどる