7月15日 羽黒山で花祭りが行われます。

7月15日(日)、羽黒山で花祭りが行われます!

hanamatsuri 1

花祭り行事の予定
日時 場所 内容
7月14日(土)14:00~ 随神門前~羽黒町内 子ども神輿 巡幸
7月15日(日)9:00より随時 羽黒山山頂 東照社 黒川能 奉納
同 出羽三山博物館講堂 藤間乾社中 奉納舞踊
同 出羽三山博物館講堂 高寺八講 奉納
同 庭上 羽黒太鼓奉納
同 庭上 羽黒第一小 みかぐら奉納
同        10:00 同 本殿 例大祭
同        12:00 同 庭上 神幸式
同        13:00 同 庭上 献花授与

 

花祭りは、出羽三山の例大祭のひとつ。稲の花が咲く頃、造花を奪い合う参拝者の姿が印象的なこのお祭りは、農耕の豊穣を祈る祭りといわれています。

 

さて、お祭りはどのように進むのでしょう?

午前9時から、羽黒山内の東照宮で奉納される黒川能や高寺八講をはじめ、庄内地域の芸能が繰り広げられます。

 

 

正午からは、神輿舎から月山神社、出羽神社、湯殿山神社の三基の神輿が出され、三神合祭殿で神移しの儀が行われます。

hanamatsuri 4

 

hanamatsuri 3

それから、献燈三基とともに神輿は三神合祭殿前の御手洗池一周を巡行します。

hanamatsuri 2

これが献燈(けんとう)。万灯(ばんとう)とも花梵天(はなぼんてん)とも呼ばれ、稲の花をかたどった花で飾られています。
これを担ぐのは、地元手向の若者衆です。巡行は、前導山伏を先頭に、神木、万灯、神輿、斎主以下祭員、巫女、高寺八講連等が続きます。

 

参詣人は花を手に入れようと殺到し、奪い合い行列は一時騒然となります。花には神の恩恵が厚く、それゆえ良き実りが得られると信じられているからです。持ち帰って家の門戸に飾り、五穀豊穣、家内安全、悪魔退散の護神とするんですね。

hamamatsuri 5
神輿が再び合祭殿に戻ると、お祭りは終わります。今年も参列されたみなさまに、幸せが訪れますように。

 

Facebookで紹介!
Twitterでつぶやく!
Google
このエントリーを含むはてなブックマーク
 
  • facebook
  • twitter
  • youtube

「お知らせ」アーカイブ

出羽三山神社
宮下坊
宮田坊
大進坊
休暇村 羽黒
月山ビジターセンター
やまぶし温泉ゆぽか
スタジオセディック庄内オープンセット
山形県鶴岡市観光連盟
食の都庄内
やまがたへの旅/山形県観光情報ポータルサイト
酒田河川国道事務所
月山8合目 駐車場ライブカメラ(バナー)
2012年4月までのブログはこちら
ページの先頭へもどる