「日本遺産出羽三山公式サイト」が公開されました。

平成28年に日本遺産に認定された「出羽三山 生まれかわりの旅」を紹介する

「日本遺産 出羽三山公式サイト」が公開されました。

 

出羽三山は、山形県の中央にそびえる羽黒山(414m)・

月山(1,984m)・湯殿山(1,504m)の総称であり、

月山を主峰とし羽黒山と湯殿山が連なる優美な稜線を誇ります。

おおよそ1,400年前、崇峻天皇の御子の蜂子皇子が

開山したと言われる羽黒山は、羽黒修験道の行場であり中枢です。

修験道とは、自然信仰に仏教や密教が混じり生まれた日本独特の山岳信仰です。

羽黒修験道の極意は、羽黒山は現世の幸せを祈る山(現在)、

月山は死後の安楽と往生を祈る山(過去)、

湯殿山は生まれかわりを祈る山(未来)と見立てることで、

生きながら新たな魂として生まれかわることが

できるという巡礼は江戸時代に庶民の間で、

現在・過去・未来を巡る「生まれかわりの旅」

(羽黒修験道では「三関三渡の行」と言う)となって広がりました。

(「日本遺産出羽三山公式サイト」より抜粋

 

出羽三山の信仰の歴史や、生まれかわりの旅の主なルートなどが

わかりやすく紹介されています。

ぜひ、ご覧ください。

 

Facebookで紹介!
Twitterでつぶやく!
Google
このエントリーを含むはてなブックマーク
 
  • facebook
  • twitter
  • youtube

「お知らせ」アーカイブ

出羽三山神社
宮下坊
宮田坊
大進坊
休暇村 羽黒
月山ビジターセンター
やまぶし温泉ゆぽか
スタジオセディック庄内オープンセット
山形県鶴岡市観光連盟
食の都庄内
やまがたへの旅/山形県観光情報ポータルサイト
酒田河川国道事務所
2012年4月までのブログはこちら
ページの先頭へもどる