いでは文化記念館企画展のおしらせ

いでは企画展チラシ-1

 

いでは文化記念館では企画展『観音様と羽黒山-合祭殿再建二百年記念・覚諄別当とその時代-』を

6月29日(金)~11月26日(月)まで開催中です。

 

・『観音様と羽黒山-合祭殿再建二百年記念・覚諄別当とその時代-』チラシ(PDF)

 

羽黒山の由来をまとめた『羽黒山縁起』の最初の一文には

「抑(そもそも)、當山(とうざん)は観音説法の道場、権現涌出(ゆうしゅつ)の覺䑓也(かくだいなり)。」とあります。

江戸時代まで羽黒山頂の「大金堂(三神合祭殿)」には出羽三山の本地仏が安置されていました。

それに対して「小金堂」と呼ばれたのが山麓の「黄金堂」です。

ここに祀られているのは三十三体の羽黒山の本地仏「聖観世音菩薩」です。

なぜ、羽黒山は観音様なのでしょうか。

「三十三」という数字は、なにを表しているのでしょうか。

また、羽黒山伏と観音様の関係とはどんなものでしょうか。

時代の影響を受けながらも現代まで受け継がれてきた、羽黒山の観音信仰に迫りたいと思います。

 

そして平成30年は、羽黒山頂にある三神合祭殿の再建二百年の記念の年です。

そこで羽黒山第75代別当・覚諄の業績、第50代別当・天宥との関わりに大きく焦点を当てていきます。

 

寛文8(1668)年に天宥別当が流罪になって以来、別当代が派遣されていた羽黒山。

文化8(1811)年の羽黒山上の大火災によって本社・開山堂・行者堂・

弁天堂・六所堂などが炎上し、書院や宝物も残らず焼失しました。

羽黒山の再建には山上・山麓の全力を結集する

必要があり、別当の現住制が要求されたのです。

そこで羽黒山別当に任ぜられたのが日光山医王院の覚諄でした。

覚諄別当は三神合祭殿の再建だけでなく、それに伴う厳しい倹約令、

封建的身分制の御恩分と平門人の創設、羽黒権現を伊氏波神社へ改称、

蜂子皇子に「開山照見大菩薩」という菩薩号を宣下、

開山並びに中興諸祖の月忌を行うなど、

のちの時代に大きな影響を与える数々の業績を成しました。

当時の資料から、羽黒山の歴史と文化に迫りたいと思います。

 

また、平成30年は、庄内札所三十三霊場(庄内三十三観音霊場)において8年ぶりに

『庄内三十三観音霊場 御開帳』が開催されます。

そこで、観音巡礼と羽黒山の関係に焦点を当て、観音様と羽黒修験との

深い関わり(羽黒山の観音信仰)や『庄内三十三観音霊場御開帳』にちなんだ

観音巡礼の歴史・基礎知識などを紹介し、来館者に出羽三山の山岳信仰と観音

巡礼についての理解を深めてもらいたいと思います。

 

7月7日から同企画展示室では、

県指定有形文化財である「観音三尊懸仏」の公開が始まります。

IMG 6331

この懸仏は、聖観音-妙見菩薩‐軍荼利明王という羽黒権現の本地仏を表しており、

現在のところその最古の貴重な資料となります。

 

皆様この機会にぜひ、ご来館ください。

 

いでは文化記念館企画展『観音様と羽黒山-合祭殿再建二百年記念・覚諄別当とその時代-』

◎会期・・・平成30年6月29日(金)~平成30年11月26日(月)

◎開館時間・・・午前9時~午後4時30分(※7・8月は無休)毎週火曜日休館

◎入館料・・・大人400円、高校・大学生300円、小・中学生200円

◎お問合せ・・・いでは文化記念館 ℡0235-62―4727

Facebookで紹介!
Twitterでつぶやく!
Google
このエントリーを含むはてなブックマーク
 
  • facebook
  • twitter
  • youtube
精進料理プロジェクト

「お知らせ」アーカイブ

出羽三山神社
宮下坊
宮田坊
大進坊
休暇村 羽黒
湯殿山参籠所
月山ビジターセンター
やまぶし温泉ゆぽか
スタジオセディック庄内オープンセット
やまがた庄内観光サイト
鶴マップ
山形県鶴岡市観光連盟
食の都庄内
やまがたへの旅/山形県観光情報ポータルサイト
月山8合目 駐車場ライブカメラ(バナー)
酒田河川国道事務所
2012年4月までのブログはこちら
ページの先頭へもどる