月山おすすめコース・ルート

  1. 1. 半日で行く! 弥陀ヶ原散策コース
  2. 2. 一日で行く! 月山往復コース
  3. 3. 二日で行く! 出羽三山コース
  4. 1. 半日で行く! 弥陀ヶ原散策コース

 

羽黒地域から車で約一時間ほど月山公園線を登っていくと、標高1400mの月山八合目に到着します。ここから10分ほど歩くと、月山八合目御田原神社と御田原参籠所に至ります。

月山八合目

 

その背後に広がるのが雄大な弥陀ヶ原湿原。

その中には「いろは四十八沼」といわれるように、大小さまざまな沼(地塘=ちとう)が散らばっています。

月山弥陀ヶ原2

 

弥陀ヶ原湿原は高山植物の宝庫でもあり、6月から8月までが開花シーズンには、ミズバショウ、ヒナザクラ、ニッコウキスゲなどの花々が咲き誇ります。そのさまは、まるで別世界に来たように感じられるでしょう。

 

月山弥陀ヶ原の花2

 

湿原には遊歩道がつけられており、ゆっくり見て回ると二時間ほどです。

半日で、月山という別世界に触れるコースです。

 

 

2. 一日で行く! 月山往復コース

 

弥陀ヶ原湿原を抜け、月山九合目を越え、月山の山頂に至る道を往復するコースです。所要時間は片道三時間、往復六時間です。

 

月山を登る道者

 

月山山頂は、かつて八つの方角(八方)に設けられた八つの登山口(八口)から遠近の旅人を集めた山で、今も多くの登山者が訪れている場所です。山頂に至れば、永い時間になぜそれだけ多くの人々が訪れてきたのかがわかってくるような気がします。

 

月山山頂2

 

 

3. 二日で行く! 出羽三山コース

 

月山を中心とする出羽三山登山の最もオーソドックスなものがこのコースです。

 

一日目の午後、往復二時間をかけて羽黒山を登り参拝します。その夜は宿坊に宿泊し、精進料理を食します。こうして宿坊に泊まることは精進潔斎を意味しています。

 

二日目の翌日、朝早く月山に出発。約二時間で、月山九合目の仏生池小屋に至ります。ここで一休みです。

さらに約一時間かけて月山山頂に到着。月山本宮を参拝しましょう。頃合はちょうどお昼。月山頂上小屋で昼食をいただきましょう。天然の山菜やきのこの料理を楽しんでいただけます。

 

お腹も満ち足りたら、湯殿山へ。約三時間かけて縦走すれば、出羽三山の奥の院・湯殿山へ至ります。そこは「秘して語らず」の聖地。「現在」をあらわす羽黒山、「過去」をあらわず月山、「未来」をあらわす湯殿山を旅し、”生まれ変わる”この出羽三山詣は、江戸時代から続いてきた道程です。

 

月山のマップを下記よりダウンロードしていただけます!

>> 月山八合目マップ(PDF:348KB)

>> 月山八合目〜九合目〜山頂マップ(PDF:628KB)

>> 月山八合目/弥陀ヶ原マップ(PDF:560KB)

Facebookで紹介!
Twitterでつぶやく!
Google
このエントリーを含むはてなブックマーク
 
  • facebook
  • twitter
  • youtube
出羽三山神社
宮下坊
宮田坊
大進坊
休暇村 羽黒
月山ビジターセンター
やまぶし温泉ゆぽか
スタジオセディック庄内オープンセット
山形県鶴岡市観光連盟
食の都庄内
やまがたへの旅/山形県観光情報ポータルサイト
酒田河川国道事務所
2012年4月までのブログはこちら
ページの先頭へもどる