二の坂茶屋

 ninosakachaya

photo by Kagioka Ryumon

 

羽黒山の石段参道には、一の坂、二の坂、三の坂の急な上り坂があります。なかでももっとも長く、急なのが二の坂。別名油溢し(あぶらこぼし)ともいわれ、武蔵坊弁慶があまりの勾配に奉納する油をこぼしてしまった、と伝えられています。
そんな二の坂を登りきった左手にあるのが、二の坂茶屋です。茶屋を営む高城さん一家はシーズン中毎日石段を登り、手づくりの力餅やお抹茶をつくって、登山するみなさんをお待ちしています。

 

tikaramoti

 

茶屋のおすすめは、きなことあんこの力餅とお抹茶のミックスセット700円。そして眼下に広がる庄内の景色です。よく晴れた日には、日本海に浮かぶ飛島まで見えるほどの絶景。田に水が張られた庄内平野を、江戸時代の人々は「陸の松島」と呼んで愛でたそうです。

 

rikumatusima

Facebookで紹介!
Twitterでつぶやく!
Google
このエントリーを含むはてなブックマーク
 
ページの先頭へもどる