正善院黄金堂

黄金堂
正善院黄金堂は、源頼朝が平泉の藤原氏を討つにあたり、勝利祈願のため寄進したと伝えられています。東北でも珍しい等身大の三十三体の聖観世音菩薩像が黄金に映えることから黄金堂と呼ばれています。国の重要文化財にも指定されました。

TEL 0235-62-2380
休み 11月~3月 ※降雪状況で変動あり
拝観時間 9:00~17:00